日本茶・紅茶・コーヒーのスペシャリスト『ドリップニスト』を目指すあなたへ【ドリップ検定】

Home > ドリップ検定問題例

ドリップ検定問題例

>>解答と解説

【問1】フレーバーティーの元祖と呼ばれている紅茶として、正しいものを選びなさい。
(1) ディンブラ
(2) ラプサンスーチョン
(3) ニルギリ

【問2】茶葉を保存する方法として、間違っているものを選びなさい。
(1) 未開封の状態でも、室温が30℃を超える場所には保存しない。
(2) 開封後の茶葉は、冷蔵庫で保管するのが望ましい。
(3) 開封後の茶葉を缶に移して保管する場合は、1週間程度で使い切る量を目安にする。

【問3】就寝前に飲む日本茶として、相応しいものを選びなさい。
(1) 抹茶
(2) 玉露
(3) ほうじ茶

【問4】コーヒーの生産量が最も多い国と、一人あたりの年間消費量が最も多い国の組み合わせとして、
正しいものを選びなさい。
(1) ブラジル、ルクセンブルグ
(2) エチオピア、アメリカ
(3) コロンビア、フィンランド

【問5】日本茶に含まれる成分の中で、苦味を感じる味要素として正しいものを選びなさい。
(1) ビタミンC
(2) サポニン
(3) カフェイン

【問6】「爽やかさを伴った刺激のある渋味」という意味の用語として、正しいものを選びなさい。
(1) パンジェンシー
(2) グリニッシュ
(3) ストロング

【問7】スリランカ紅茶とされる茶葉の種類で、正しいものを選びなさい。
(1) アッサム
(2) ダージリン
(3) キャンディ

【問8】一般的に飲まれているコーヒーの豆とは、”コーヒーノキ”のどの部分か、正しいものを選びなさい。
(1) 葉
(2) 果実の種子
(3) 実

解答と解説

【問1】 正解 (2)

【問2】 正解 (2)

【問3】 正解 (3)
 ほうじ茶の他、番茶覚醒効果のあるカフェインが少なめです。

【問4】 正解 (1)

【問5】 正解 (3)
 サポニンは渋味、ビタミンCは酸味を含んだ成分です。

【問6】 正解 (1)
 「パンジェンシー」とは最上級の表現とされています。

【問7】 正解 (3)
 アッサムとダージリンは、インド紅茶とされます。

【問8】 正解 (2)
コーヒーの豆は、コーヒーノキの種子の部分です。